離婚のことなら離婚サポートナビホーム   再婚特集    再婚相手は慎重に見極めたいものです

スポンサードリンク

再婚相手は慎重に見極めたいものです

初婚で失敗している方たちは、「これが最後だとも持って一緒になりました。」と言われる方が多い様に思います。しかし、その決意が相手に伝わらないと実は結びません。
再婚は初婚よりいろいろなことを経験しています。その経験を再婚するために生かしていくべきです。自分を良く知り、相手を良く理解するその上に成り立っているのが結婚という共同生活です。相手に自分の気持ちが通じているのか、を良く確認して欲しいものです。
また、再婚同士で注意したいのは、自分も相手の方もどんな癖を持っているかです。大人同士の付き合いなのですから後で「こんなはずではなかった。」といった具合にならないように焦らずに相手の方とお付き合いしましょう。


スポンサードリンク

再婚特集内の記事一覧

離婚を減らすために(その2)
心理学の本を読みますとどこかに書いてある身近な言葉に「世代間連鎖」があります。こ...
離婚を減らすために
日本でも離婚に対する考え方が変わってきています。二人の考え方の違いや文化の違い等...
同じ失敗をしないために
再婚してまた離婚する方もいます。兄弟が3人おり3人ともお父さんが違うといった話が...
むしろ結婚契約書をドライに交わしたらどうですか
再婚は初婚より生活に対する考え方が双方はっきりしてきます。また、お互いが再婚相手...
熟年の再婚はやり方によっては子どもとこじれます
熟年の再婚は難しい面があります。一つは籍を入れた場合、遺産相続の問題です。次に老...
再婚相手は慎重に見極めたいものです
初婚で失敗している方たちは、「これが最後だとも持って一緒になりました。」と言われ...
子どもも傷ついています
離婚する時に子どもは何歳であろうと実の親が別れることで、口には出しませんが大変傷...
思春期のお子がいる方の再婚は慎重でありたい
思春期は、子どもが大人に脱皮しようとする時です。昆虫でもそうですが、脱皮する時は...
急いで籍入れる必要がありますか?
再婚であっても両性の合意に基づいて行うものでありますし、相手の方が好きだから一緒...
分かっているようで分かっていない自分
離婚して再婚する場合いろいろ反省の上で決断するでしょうが、意外と自分への反省と自...
離婚サポートナビ HOME
再婚特集
離婚を減らすために(その2)
離婚を減らすために
同じ失敗をしないために
むしろ結婚契約書をドライに交わしたらどうですか
熟年の再婚はやり方によっては子どもとこじれます
再婚相手は慎重に見極めたいものです
子どもも傷ついています
思春期のお子がいる方の再婚は慎重でありたい
急いで籍入れる必要がありますか?
分かっているようで分かっていない自分
その他のページ
運営者・免責・個人情報

スポンサードリンク




MCC結婚生活相談センター
一般社団法人 日本結婚カウンセリング協会
一般社団法人日本婚前カウンセリング協会
プリマリタルカウンセラー資格認定協会受講生30名募集

婚活・婚育推進優良事業所
婚前カウンセリング(並)
婚前カウンセリング(並)
結婚したら学ぶ

姉妹ホームページです。ご利用ください




バナー広告募集(120×60)

詳しくはこちら