離婚のことなら離婚サポートナビホーム   離婚の知識    離婚・公正証書による強制執行とは

スポンサードリンク

離婚・公正証書による強制執行とは

まず、強制執行をしたい人(権利者)は必要書類(下記の3つの書類)を整え、地方裁判所に強制執行をしたい旨の申立を行います。
権利者の申立てにより地方裁判所が支払義務者の財産を差し押さえて、その財産の中から債務を支払わせることになります。

離婚関係での強制執行は慰謝料、養育費などが該当します。

差し押さえられるものは、給料や預金などの債権や現金や車などの動産や土地などの不動産が対象になります。

給料を差し押さえる場合は、勤務先が判明していることが必要です。また、養育費の場合は給料の2分の1差し押さえすることが出来ます。

強制執行をする場合には次の3の書類が必要です。(執行の根拠となる書類です)

1 債務名義(権利の存在を公的に証明する文書)

強制執行を請求権の所在、範囲、債権者を表示した公の文章

  • 1)裁判所関係・・・・確定判決、仮執行宣言付支払催促、和解調書、調停調書など
  • 2)公証役場関係・・・・・・公正証書(文章中に執行認諾約款付文言があるものに限りす。・・・執行証書)

2 執 行 文

執行文とは、請求者(債権者)が存在し、強制執行できる状態であることを公証するために、裁判所書記官が付与する文書のことをいいます。

具体的には、裁判所書記官又は公証人が債務名義の末尾に付記する公証文言のことを指ます。なお、和解調書及び調停調書の場合は執行文は必要ありません。

3 送達証明書

強制執行をするには、事前又は同時に債務名義を相手方に送達する必要があります。送達したら送達証明書を手に入れておいてください。

強制執行をする場合、債務名義が相手方に送達されていることを要求していることから送達証明書が必要となります。

* 和解調書、調停調書など・・記録ある裁判所書記官に送達申請書を提出後、送達証明申請書を提出してください。

* 公正証書(執行証書)・・・作成した公証人役場で謄本を入手したら執行官に送達申請を出します。その後、送達証明申請書を提出してください。


参 考

執行認諾条項(執行認諾約款)とは、公正証書を作成する場合、文中に「約束どおり支払わない場合には、強制執行を受けても異議はない」旨を記載しておけば、支払わない時は訴訟を起こさなくても公正証書をもって強制執行ができます。

しかし、配慮すべきことは、闇雲に強制執行をして給料を差し押さえることにより、相手方(債務者)がその職場に勤務しにくくなったり、信用を失墜させるなどのことが生じないようにすることも必要です。
それは養育費を長く受け続けるための気配りといえます。


スポンサードリンク

離婚の知識内の記事一覧

片親引き離し症候群・洗脳虐待
離婚する時に問題になる一つとして子の面接交渉があります。面接交渉とは、親権を持っ...
正当な理由なくして面接交渉は拒めない
間接審判とは、一つの例として離婚した夫婦が親権を持たない一方の親に対して、離婚時...
不貞行為(民法770条1項1号)とは
不貞行為とは、結婚している者どちらかが浮気をすることで、これは民法770条1項1...
悪意の遺棄(民法770条1項2号)とは
悪意の遺棄とは、正当な理由がなく民法752条の同居・協力・扶養義務を履行しないこ...
離婚・弁護士費用
離婚に当たって、弁護士に代理人をお願いする場合、いくら費用がかかるかは大変気にな...
離婚時の財産分与は事前に準備を
財産分与とは 結婚してから二人で築いた財産をいいます。次の内容は除外します。 1...
DVにおける保護命令とは
DVと保護命令 保護命令を規程しています法律は「配偶者からの暴力の防止及び被害者...
離婚を考えている人は離活を
離活の流行は離婚する方、しようとしている方には大変良い言葉かと思います。離婚には...
離婚、共依存症とは
共依存とは 共依存症とは、夫婦の間でお互いに助け合い、もちつ、もたれつはなんら問...
子どもを認知するとは
認知とは、婚姻関係にない男女間に生まれた子どもについて、自分の子であることを認め...
協議離婚は互譲の精神で
協議離婚の際の互譲の精神とは、離婚の話し合いの際、お互いが譲り合い問題を解決しよ...
離婚の際の子のDNA鑑定は信頼できます。
DNAとはデオキシリボ核酸の頭文字を略したものです。人の体を構成している遺伝子で...
離婚のもめごとを裁判で解決するには
夫婦・親子等の人間関係についての争いを解決する訴訟を「人事訴訟」と言います。人事...
離婚、ビジテーション・サービスとは
ビジテーション・サービスとは、離婚した子が親権者ではない一方の親を訪問する権利を...
子どもの権利条約と家族とどんな関係?
離婚する親の中には、親子の面接交渉について親の都合で考えていることがあります。 ...
夫婦間虐待(DV)とは
最近は正常な人の夫婦間虐待や暴力は珍しくなくなってきました。性格の不一致と並んで...
内縁関係の揉めごとは
内縁関係 内縁関係とは夫婦になる合意のある男女が、夫婦同然に共同生活をしているも...
離婚・公正証書による強制執行とは
まず、強制執行をしたい人(権利者)は必要書類(下記の3つの書類)を整え、地方裁判...
離婚サポートナビ HOME
離婚の知識
片親引き離し症候群・洗脳虐待
正当な理由なくして面接交渉は拒めない
不貞行為(民法770条1項1号)とは
悪意の遺棄(民法770条1項2号)とは
離婚・弁護士費用
離婚時の財産分与は事前に準備を
DVにおける保護命令とは
離婚を考えている人は離活を
離婚、共依存症とは
子どもを認知するとは
協議離婚は互譲の精神で
離婚の際の子のDNA鑑定は信頼できます。
離婚のもめごとを裁判で解決するには
離婚、ビジテーション・サービスとは
子どもの権利条約と家族とどんな関係?
夫婦間虐待(DV)とは
内縁関係の揉めごとは
離婚・公正証書による強制執行とは
その他のページ
運営者・免責・個人情報

スポンサードリンク




MCC結婚生活相談センター
一般社団法人 日本結婚カウンセリング協会
一般社団法人日本婚前カウンセリング協会
プリマリタルカウンセラー資格認定協会受講生30名募集

婚活・婚育推進優良事業所
婚前カウンセリング(並)
婚前カウンセリング(並)
結婚したら学ぶ

姉妹ホームページです。ご利用ください




バナー広告募集(120×60)

詳しくはこちら