離婚のことなら離婚サポートナビホーム   離婚解決のヒント    離婚時に自分が有責配偶者になったとき

スポンサードリンク

離婚時に自分が有責配偶者になったとき

       
要   旨
相手の感情は無視できない
責任の取り方はいろいろあります
苦しさから極端な解決方法に走らない
慰謝料を要求される場合も
話がまとまらない場合は

相手の感情は無視できない

有責配偶者とは、離婚原因を自分で作り出した責任がある夫(妻)をいいます。

その当事者が離婚申立をすることは、裁判では例外を除いては認められていません。当然自分の都合の良いことばかりが通るわけがありませんし、相手方(妻又は夫)がそれを承知するはずがありません。このような場合は、まずは話し合いで夫婦間の修復を図ることが大切かと思います。それができないのであれば離婚の話を進めるしかありません.

責任の取り方はいろいろあります。

とにかく自分で原因を作のすからまずは相手に謝ることです。修復を図る努力をすることです。失敗は誰しもありますから、それを自分がどう考えるかであります。また、相手がどう考えてくれるかです。「雨降って地固まる」ではありませんが、それを契機に一層絆が強まる場合も有りますし、その反対に相手が許してくれない場合は、毎日針のむしろ状態で生活するか。別れることも選択肢の一つになります。

苦しさから極端な解決方法に走らない。

男性の場合は居直ることが多いように思いますが、女性の場合は、早く別れたいと思う方が多いように感じます。特に女性の場合は、全てを放棄して離婚する方もいます。気持ちは分かりますが、年金分割、財産分与、お子さんがいる場合は、養育費等はきちんと話を付けて別れるべきと思います。

慰謝料を要求される場合も

例えば妻(夫)が不倫して離婚原因を作った場合、相手から慰謝料の請求は当然あるものと考えておくことです。相手が自分の支払い能力を超えた金額を要求してくることも考えられます。その対応も考えておかないといけません。

話がまとまらない場合は

どうしても話がまとまらない場合は、友人等に相談するよりは、家庭裁判所に調停を申立て解決をはかりましょう。ここで大切な事は、出来るだけ裁判ではなく調停で解決できるように努力をしましょう。裁判はお金や時間、提出する資料等で大変な労力がかかりますので、事前に調べて準備することです。

なお、代理人に要する費用は当ホームページのカテゴリ「お金のこと」及び「相談窓口」を参照してください。


スポンサードリンク

離婚解決のヒント内の記事一覧

DVに関する相談機関とシェルター
1 配偶者暴力相談センター 各都道府県にある窓口。全国に102か所 HP htt...
不倫のケース
             要  旨          不倫は...
度の過ぎる依存のケース(薬物、ギャンブル等)
               要   旨      ...
離婚時に自分が有責配偶者になったとき
        要   旨 ...
離婚、財産分与で揉めるケース
      要   旨 ...
働かない夫のケース
要...
夫が暴力を振るうケース
             要  旨          夫婦間の...
離婚サポートナビ HOME
離婚解決のヒント
DVに関する相談機関とシェルター
不倫のケース
度の過ぎる依存のケース(薬物、ギャンブル等)
離婚時に自分が有責配偶者になったとき
離婚、財産分与で揉めるケース
働かない夫のケース
夫が暴力を振るうケース
その他のページ
運営者・免責・個人情報

スポンサードリンク




MCC結婚生活相談センター
一般社団法人 日本結婚カウンセリング協会
一般社団法人日本婚前カウンセリング協会
プリマリタルカウンセラー資格認定協会受講生30名募集

婚活・婚育推進優良事業所
婚前カウンセリング(並)
婚前カウンセリング(並)
結婚したら学ぶ

姉妹ホームページです。ご利用ください




バナー広告募集(120×60)

詳しくはこちら