離婚のことなら離婚サポートナビホーム   外国人との離婚    離婚後の外国人が在留手続きをするには

スポンサードリンク

離婚後の外国人が在留手続きをするには

外国人が日本人と結婚すると、在留資格「日本人の配偶者等」が得られるため、日本に在留できます。しかし、日本人との離婚により、外国人は在留資格を3ヶ月経てば喪失します。離婚後に在留を望むのであれば、在留資格を他の資格に更新する必要はあります。
日本人と離婚後に、未成年で未婚の子を引き取って親権者となった外国人の親は、そのまま日本に「定住者」という在留資格を得ることができます。また、継続して日本に在留することもできます。
法務省入国管理局に「在留資格変更手続き」の申請をする場合は、手続きが煩雑ですので「入国管理局申請取次者」の資格を持つ行政書士に相談してください。
(外国人ビザ申請代行センター http://www.visacenter.jp)


スポンサードリンク

外国人との離婚内の記事一覧

日本人の国際離婚
国際離婚 日本人の国際結婚は2008年には3万7千件と40年前に比べると約8倍に...
国際離婚ハーグ条約とは
ハーグ条約とは、「国際的な子の奪取の民事面に関する条約」 子を住居国から不法に連...
日本に住んでいれば日本の法律に準じます
準拠法が日本の場合は、協議離婚、調停離婚、裁判離婚ができます。 協議離婚が認めら...
離婚後の外国人が在留手続きをするには
外国人が日本人と結婚すると、在留資格「日本人の配偶者等」が得られるため、日本に在...
日本で国際離婚する場合の手続き 
日本法が適用されて、日本の法律で離婚する場合、日本人同士の離婚と基本的には同じで...
離婚調停、裁判はどこの国で行うか
裁判所を介して離婚しようとする場合、いずれの国の裁判所に裁判をする権限(管轄権)...
外国人のとの離婚
どの国の法律が適応されるかは、現に住んでいる国がポイントになります。 外国人と結...
離婚サポートナビ HOME
外国人との離婚
日本人の国際離婚
国際離婚ハーグ条約とは
日本に住んでいれば日本の法律に準じます
離婚後の外国人が在留手続きをするには
日本で国際離婚する場合の手続き 
離婚調停、裁判はどこの国で行うか
外国人のとの離婚
その他のページ
運営者・免責・個人情報

スポンサードリンク




MCC結婚生活相談センター
一般社団法人 日本結婚カウンセリング協会
一般社団法人日本婚前カウンセリング協会
プリマリタルカウンセラー資格認定協会受講生30名募集

婚活・婚育推進優良事業所
婚前カウンセリング(並)
婚前カウンセリング(並)
結婚したら学ぶ

姉妹ホームページです。ご利用ください




バナー広告募集(120×60)

詳しくはこちら