離婚のことなら離婚サポートナビホーム   離活(カツ)    離婚準備  子供のこと

スポンサードリンク

離婚準備  子供のこと

親権の問題

子どもの親権は誰にするのか。この問題が離婚で一番もめます。最近は父親が親権を主張し、子どもを育てる方が増えてきています。しかし、一般的に幼少時ほど子どもの情緒的なことから母親が養育した方がいいとする考え方が強いようです。父親が親権を要求する場合は、子どもの幸せよりも親権をとることにこだわって要求していることがあります。また、親権を主張する父親の子育ては、昼は自分の両親に預け、夜は自分で子育てをするケースが多いようです。子どもにとって何が幸せなのかをお互いに慎重に考えるべきであります。

子どもの養育費

離婚後、子どもの生活費としてどの程度必要なのかを考えておくことが大切です。養育費の金額の確定は、両親の収入のバランスを考えて調整することになりますが、自分の収入と相手方の収入を事前に把握しておくことが必要です。その上で子が20歳に達するまでに要する費用を請求することになります。

細かくは衣食住の費用、教育費、医療費等がどの程度必要か試算しておくことです。当然要求したからと言ってその金額がそのまま相手方から受け取れるわけではありませんので双方が折り合いの付くところで決めることになります。また、養育費はどちらかと言えば長期間支払い続けることになりますので、高額な養育費は相手方が途中で放棄してしまうこともあります。双方のバランスが取れた金額とし、長期間支払い続けてもらうことも大切かと思います。

不幸にして、養育費を出している父親が死亡した場合は、養育費を子どもの口座に振り込んでもらっていることによって、その事実が根拠になり、遺族年金を受け取る資格ができますので、このようなことも考えながら準備をしてください。

子供と会うために(面接交渉)

子どもを引き取らない方の親は、別居や離婚した後子どもとどのように会うのかを考えておく必要があります。夫婦間でうまく話し合いがつかない場合は、家庭裁判所に面接交渉の調停の申立を行い、双方で話し合いをして決めることがいいと思います。調停でも極端に夫婦の仲が悪かったり、養育費を払わなかったりすると、話し合いがうまくゆかない場合もありますが、その場合は審判にゆだねることになります。

子供の苗字

離婚後の子の氏をどうするか考えておく必要があります。離婚したら妻は原則旧姓にもどることになります。そこでまず自分が結婚前の氏に復氏するかどうか決めておく必要があります。(離婚後3か月以内に手続きをすまします。)その際、子の親権者になった母親は、親権者が復氏したといって子も自動的にその氏をなのることにはならないので注意する必要があります。
また、母親が子連れで再婚し、再婚相手の方がその子と養子縁組し養育していた場合の離婚は、母親が離婚したとすれば、養子縁組をした子の離縁をする手続きが必要となります。なお、養子縁組をした子が20歳を過ぎており、離縁をしたくないケースもありますが、その際は養父の同意が必要です。

子供の心は動揺しています。

離婚を決心したときには、子の年齢にもよりますが、動揺を少しでも和らげるように配慮してあげることも親の努めです、新たな生活に進めるよう次のような手立てをしてあげることが大切です。

1 どんなことがあってもあなたたちを愛していること。

2 何があっても父母が別れていても協力して守ってゆくよ。

3 離婚しても親は親で一生親子だよ。

4 会いたければいつでも会えるよ。

5 お父さんお母さんが別れるのは子どもたちのせいではないよ。

内容的には理想どおりは行かないにしても親の理由で別れる以上子の実質な生活の保障と精神的不安を少しでも取り除いてあげることが必要です。

学歴や非行化などに影響する場合があります。

親の離婚は子の学歴や非行化に影響する場合があります。

現在は「子の学歴は親の所得額で決まる。」と言われています。離婚したことで、経済的にゆとりがなくなることで、塾や進学等で子供に影響するという事も考えられます。

また、親の離婚は子どもにとって、心のよりどころを失ってしまうということもありますので、特に思春期にいる子の場合、自分のことで精一杯なのに親の離婚のことも抱え込んでしまい、中には受け止めきれずに精神的葛藤を増幅させ、非社会的行為や反社会的行為に走るケースも少なくありません。

ましてや母親または父親が、再婚して新しい親ができた場合、子どもにとっては、疎外感や不遇感などで複雑な心境下で生活しなければならなという状況に陥る可能性があります。子供の居場所がなくなるような生活環境は避けたいものです。

時には、子供だけでなく親も再婚相手と子どものことが原因で破綻してしまうケースもあります。


スポンサードリンク

離活(カツ)内の記事一覧

離婚準備
離婚は結婚よりはるかに難しいし問題がいくつも出てきます。特に子どもがいる場合一層...
離婚・弁護士費用
離婚に当たって、弁護士に代理人をお願いする場合、いくら費用がかかるかは大変気にな...
離婚前に考えておくことは
婚姻費用の問題 別居して離婚の話し合いをしているようなケースでは、妻子が家を出て...
両親の離婚で落ち込む子ども
両親の離婚は子が一番辛いのです 両親の離婚で一番ショックは別れたお二人ではなく、...
離婚を考えている人は離活を
離活の流行は離婚する方、しようとしている方には大変良い言葉かと思います。離婚には...
離婚相談
日本では離婚する人の90パーセントは協議離婚です。離婚相談をもっと手じかなところ...
離婚届
1 法的効果 離婚届けのあった日から効力が生じます(離婚届日が離婚した日になりま...
離婚理由とは
離婚理由とは、離婚するには相手が納得する離婚理由が必要です。また、法律的には客観...
財産分与とは
離婚問題養育費の離婚調停中に相手方が財産を処分するおそれがあると考えられるときは...
離婚後の母子家庭の実態は意外と
平成20年12月12日付 朝日新聞朝刊の「歩く」から 「母子家庭楽しさ見つけても...
離婚準備  子供のこと
親権の問題 子どもの親権は誰にするのか。この問題が離婚で一番もめます。最近は父親...
離婚後の行政の支援を知ろう!
離婚後、母子家庭になった場合は、地方自治体の社会保障制度について考えましょう。具...
離婚サポートナビ HOME
離活(カツ)
離婚準備
離婚・弁護士費用
離婚前に考えておくことは
両親の離婚で落ち込む子ども
離婚を考えている人は離活を
離婚相談
離婚届
離婚理由とは
財産分与とは
離婚後の母子家庭の実態は意外と
離婚準備  子供のこと
離婚後の行政の支援を知ろう!
その他のページ
運営者・免責・個人情報

スポンサードリンク




MCC結婚生活相談センター
一般社団法人 日本結婚カウンセリング協会
一般社団法人日本婚前カウンセリング協会
プリマリタルカウンセラー資格認定協会受講生30名募集

婚活・婚育推進優良事業所
婚前カウンセリング(並)
婚前カウンセリング(並)
結婚したら学ぶ

姉妹ホームページです。ご利用ください




バナー広告募集(120×60)

詳しくはこちら