離婚のことなら離婚サポートナビホーム   離婚の種類など    離婚裁判では離婚原因が必要です

スポンサードリンク

離婚裁判では離婚原因が必要です

離婚裁判では民法770条第1項で定める離婚原因を立証する必要があります。法定離婚原因とは次のことを言います。

  • 不貞行為があったとき
  • 悪意の遺棄
  • 3年以上の生死不明
  • 回復の見込みのない強度の精神病
  • その他婚姻を維持しがたい重大な事由

性格の不一致、暴行、虐待、酒乱による暴行、強度の依存症、犯罪による長期の服役、過度の宗教活動、配偶者の親族との不和、性関係の不一致、性交拒否などは離婚理由に認められます。

離婚するために自ら離婚原因を作り離婚請求するようなやり方は認められません。

最高裁判所は「婚姻破綻につき、もっぱら又は主として原因を与えた当事者は、自ら離婚請求をなしえない」としています。このように有責配偶者からの離婚請求は原則として認められていません。

しかし、有責配偶者の離婚請求は絶対に認められないとするのも行き過ぎの場合があります。たとえば、夫が愛人と生活して20年以上にもなり、子も社会人として独立して、妻にも一定の収入があって生活の糧が確保されていて、既に夫に対する愛情もなくなってしまったが、意地で離婚しないようなケースでは形だけの婚姻、戸籍上だけの婚姻をいつまでも存続させるのは不自然といえます。

そこで次のような条件を満たす場合は裁判所でも有責配偶者の離婚請求を認めています。

  • A 別居期間が相当期間に及んでいること
  • B 夫婦間に未成熟の子がいないこと
  • C 相手方配偶者が離婚によって、精神的・社会的・経済的に過酷な状態におかれることがないこと

Aの別居期間は何年以上別居すれば確実に離婚が認められる。といった確定的な期間はありません。実例でも10年以上のケースが多いようでが、7年で認められたケースもありますが、8年余で認められなかった例もあります。ケース・バイ・ケースで判断されているようです。
現在、民法の離婚制度の改正作業が行われていますが、その中で5年程度の別居を離婚原因として規定することが検討されています。改正はまだ先の話ですが、今後一つの目安になるかとも思います。


スポンサードリンク

離婚の種類など内の記事一覧

離婚調停
離婚調停とは 二人で話し合いが付かない場合、家庭裁判所に離婚調停を申し込み手続き...
離婚の種類の賢い選び方
年間の離婚件数は25万件前後であります。そのうち90%は協議離婚となています。...
離婚の種類
協議離婚 協議離婚とは、二人で話し合って合意の上で離婚することをいいます。 ...
離婚協議とは
協議離婚は二人の合意があれば簡単に決まってしまいます。手間がからず自由にできる手...
調停離婚の手続き等
双方が離婚に合意はしているが、子の親権者や養育費の金額での合意や慰謝料、財産分与...
離婚審判
離婚審判は離婚調停の申立を経ずして行われることはありません。離婚調停が不調に終わ...
離婚、裁判とは
裁判離婚とは、協議離婚、調停離婚、及び審判離婚でも離婚が成立しない場合、裁判所に...
離婚裁判では離婚原因が必要です
離婚裁判では民法770条第1項で定める離婚原因を立証する必要があります。法定離婚...
離婚サポートナビ HOME
離婚の種類など
離婚調停
離婚の種類の賢い選び方
離婚の種類
離婚協議とは
調停離婚の手続き等
離婚審判
離婚、裁判とは
離婚裁判では離婚原因が必要です
その他のページ
運営者・免責・個人情報

スポンサードリンク




MCC結婚生活相談センター
一般社団法人 日本結婚カウンセリング協会
一般社団法人日本婚前カウンセリング協会
プリマリタルカウンセラー資格認定協会受講生30名募集

婚活・婚育推進優良事業所
婚前カウンセリング(並)
婚前カウンセリング(並)
結婚したら学ぶ

姉妹ホームページです。ご利用ください




バナー広告募集(120×60)

詳しくはこちら