離婚のことなら離婚サポートナビホーム   離婚の種類など    離婚審判

スポンサードリンク

離婚審判

離婚審判離婚調停の申立を経ずして行われることはありません。離婚調停が不調に終わった場合でも離婚の合意ができているものの、養育費や財産分与など一部の事柄についてのみ合意に至らない場合や相手方が出頭しない場合は家庭裁判所の職権をもって調停に代わる審判の手続きへと移され離婚を成立させる制度です。審判が下されるのは次のような場合に限られます。

  • 夫婦双方が離婚に合意しているが、病気などなんらかの事情により調停成立時に出頭できないとき
  • 離婚に合意できない主な理由が感情的反発であるとき
  • 調停案にほぼ合意しているが、一部に限って合意できずに調停が不成立になったとき
  • 子どもの親権など早急に結論を出した方が良いと判断されるとき
  • 離婚に合意した後、一方の気持ちが変わったり、行方が分からなくなったとき
  • 夫婦の双方が審判離婚を求めたとき

審判離婚では、離婚の判断のほか、親権者の決定、慰謝料や養育費の金額などを命じることができます。

* 審判決定後に、離婚届、戸籍謄本、審判確定証明書、審判書謄本を10日以内に市町村役場に提出します。

なお、審判離婚に不服の場合は、当事者が審判の告知を受けた日から二週間以内に当事者又は利害関係者から異議を申立てることができます。異議の申立てには「審判が不服です。」と言えばよいのです。理由はいりません。異議の申立ては審判した家庭裁判所におこなえばよいことになっています。

審判離婚は、異議の申立てがあるとそれだけで効力を失ってしまいます。ですから離婚の方法としてあまり利用されていないようです。審判離婚は全離婚数の0、1%程度です。


スポンサードリンク

離婚の種類など内の記事一覧

離婚調停
離婚調停とは 二人で話し合いが付かない場合、家庭裁判所に離婚調停を申し込み手続き...
離婚の種類の賢い選び方
年間の離婚件数は25万件前後であります。そのうち90%は協議離婚となています。...
離婚の種類
協議離婚 協議離婚とは、二人で話し合って合意の上で離婚することをいいます。 ...
離婚協議とは
協議離婚は二人の合意があれば簡単に決まってしまいます。手間がからず自由にできる手...
調停離婚の手続き等
双方が離婚に合意はしているが、子の親権者や養育費の金額での合意や慰謝料、財産分与...
離婚審判
離婚審判は離婚調停の申立を経ずして行われることはありません。離婚調停が不調に終わ...
離婚、裁判とは
裁判離婚とは、協議離婚、調停離婚、及び審判離婚でも離婚が成立しない場合、裁判所に...
離婚裁判では離婚原因が必要です
離婚裁判では民法770条第1項で定める離婚原因を立証する必要があります。法定離婚...
離婚サポートナビ HOME
離婚の種類など
離婚調停
離婚の種類の賢い選び方
離婚の種類
離婚協議とは
調停離婚の手続き等
離婚審判
離婚、裁判とは
離婚裁判では離婚原因が必要です
その他のページ
運営者・免責・個人情報

スポンサードリンク




MCC結婚生活相談センター
一般社団法人 日本結婚カウンセリング協会
一般社団法人日本婚前カウンセリング協会
プリマリタルカウンセラー資格認定協会受講生30名募集

婚活・婚育推進優良事業所
婚前カウンセリング(並)
婚前カウンセリング(並)
結婚したら学ぶ

姉妹ホームページです。ご利用ください




バナー広告募集(120×60)

詳しくはこちら